離婚協議書作成




*現在全てのご依頼の受付を停止しております。



*離婚後であっても離婚協議書の作成のご依頼をお受けすることは可能です。


あなたが、そのまま離婚をするとあなたとお子さんの将来に大きな影響を及ぼす可能性が高くなります。


そんなあなたに離婚協議書のサンプル、書式例、ひな型(雛形)などでは、実現できないプロだからこそ作成できる離婚協議書を提供します。

これによりあなたとお子さんの離婚後の生活も安定したものとなります。

あなたが、母親側だとした場合に多い心配は次のようなことでしょう。・・

    養育費の支払いがされるか心配・・・

あなたが、父親側だとすると・・・

    離婚後も子どもと会えるか心配・・・

などあなたが抱える悩みはその置かれている状況によってまったく違うことでしょう。


そんなあなたにクオリティの高い離婚協議書を提供します。






*毎月後半はご依頼数の制限(月間30名)によって、ご依頼をお受けできない場合もございますのでご注意ください。


ここに注目です!
ご依頼対応に少しでも納得のいかないことがあれば、全額返金対応!
     *ご依頼から2週間以内又は、2週間以内に完成書類を送付する場合は、完成書類送付までを返金期限とさせて頂きます。
離婚協議書のサンプル、ひな型では実現できない高いクオリティの書面を提供!
いつでも何回でも相談可能な無制限メール相談付き!(ご依頼から3ヶ月間)
裁判しないで強制執行な可能な『公正証書』の作成にも全国対応!
公正証書作成のご依頼者様には定価14,800円の「給料差押手続きキット」をプレゼント!
    *養育費の受け取り側の方が希望される場合のみの特典です。
あなたが「母親」なら養育費の心配を無くす書面作成をします!
あなたが「父親」ならお子さんとの面接交渉がスムーズにできる書面作成をします!

行政書士柴田法務事務所
離婚問題を専門に取り組む行政書士の柴田崇裕です。

「私があなたとお子さんを守る”離婚協議書”を責任を持って作成します」

(役職等)
行政書士柴田法務事務所・所長
2005〜2007/8 鳥取県消費生活審議委員会 委員(*)
*消費者の保護及び、悪徳事業者を取り締まる条例制定などに関わる。



離婚協議書の作成であなたの力になる柴田崇裕の著書・活動などの紹介

(著作) 総合法令出版

年金時代
月刊年金時代(記事執筆)

週間ポスト
週刊ポスト(取材)

コーラス
監修作 別冊コーラス掲載 集英社

監修作 ザ・マーガレット掲載 集英社
毎日新聞
・毎日新聞(取材)

TV,ラジオ等
出演

平成20年10月27日(月) 「里見まさとのSCAN KYOTO」に電話で生出演。


ご依頼に関して不安な点、疑問点がある方は下記から御問合せください
メールはこちらから




下記よりご登録頂けましたら完全無料でお届けします
↓↓↓↓↓↓↓↓

名前(姓)
名前(名)
メールアドレス

*お届けするメールが迷惑メールBOXへ配信されてしまう場合もありますのでご注意ください。




下記よりご登録頂けましたら完全無料でお届けします
↓↓↓↓↓↓↓
名前(姓)
名前(名)
メールアドレス

*お届けするメールが迷惑メールBOXへ配信されてしまう場合もありますのでご注意ください。



離婚をするということは、様々な権利義務がお互いに発生することをご存じですか?

また、それにより離婚後に多くのトラブルが起こることもあるのです。

現実に多くの人が離婚後の問題(養育費、慰謝料請求など)で悩み、苦しんでいます。

離婚後のトラブル例としては…

   約束した養育費を支払ってもらえない
   分割払いの慰謝料を約束通りに支払ってもらえない
   離れて暮らす子供との面接交渉ができない

それだけではありません。その他にもいろいろな問題を抱えることになるのです。

例えば、次のように慰謝料や財産分与についても、離婚後に…





これだけの長期間請求される恐れがあるのを知っていましたか?。

しかし、ここまでで説明したリスクやトラブルは離婚をするときに何もしない場合に抱えるものです。あなたはこのような問題を抱えないためにも、





離婚協議書というのは、"離婚時の約束事を書面にしたもの”です。つまり、後から言った言わないの争いを避けることができるわけです。

更に、養育費の不払いを防ぐためにはもう一つしておきたいことがあります。
それは…離婚協議書を公正証書にしておくことです。


公正証書といのは非常に強力なもので、公正証書で約束した養育費を相手方が支払わなかったりした場合は、給料を差押えるなどの強制的な手段で養育費を回収できるほどのものなのです。


離婚後のことを考えれば、離婚協議書として、公正証書を作成することは必須と言っても良いでしょう。当然ですが、専門家に依頼することなくご自分で手続きをすることも可能です。ただし、その場合は取決め内容に不安を感じることもあるでしょうし、公証役場との打ち合わせなど煩雑な手続きが必要になってきます。

そんなあなたのために、協議離婚業務を専門に扱っている行政書士がサポートいたします。


また、公正証書の作成手続きまでご依頼頂いた方には、公正証書を利用した給料差し押さえ手続きが自分できるようにするために、





少し複雑なこの給料差押さえ手続きの方法を詳細に解説したこの手続きキットを無料で差し上げます。


ただし、大変申し訳ないのですが一度のお受けできるご依頼量には限界があります。一度に多量のご依頼をお受けして、依頼を頂いた方にご迷惑をお掛けする訳にはいかないからです。

そこで、ご依頼頂いたあなたへのサポートを徹底的にするために、以下のとおり1カ月間にお受けするご依頼件数を限定させて頂きます。





依頼申込みをした後に、不安を覚えることもあると思います。

そこで…



*2週間経過前に相手方へ完成書類を送付する場合は、完成書類送付まで


ご依頼を取りやめたいというときも、2週間以内なら安心してキャンセルができるのです。キャンセルの理由も何でも大丈夫です。

例えば、

・対応が思ったより良くなかった…
・信用できない気がした…
・メールの返信が遅かった…
・弁護士に依頼したくなった
・離婚協議書が必要無くなった


以上のように、依頼キャンセルの理由は何でも良いのです。



依頼申込みをした後に、依頼を進めている間でもあなたには疑問や不安が湧いてくると思います。そのようなときも、気軽にメールで質問、問合わせができるように





以上のとおり、あなたが離婚業務の専門家である行政書士が問題を解決するためのお手伝いを徹底的に行わせて頂きます。


依頼の方法も簡単です。



*報酬・実費の振込手続き、戸籍等取得、公正証書作成手続き支援ご依頼の場合の公証役場での手続き等は除かせて頂きます。



群馬県 MT様 女性
お世話になります。公正証書、届きました。本当に有難うございました。

思えば、泣き寝入りするには、あまりにも悔しい・・・という思いからでした。娘がパソコンで調べてくれて、どこまで信用できるか分からないけど良さそうな所があったよ・・・ と教えてくれたのが柴田先生との出会いでした。

地理的に遠すぎるのが心配でしたが、始まってみるとパソコンでのやりとりの方が間違いなく伝わるし、じっくり考えながら書けるので安心でした。

つまらない質問にも迅速に返信していただいたり、あいまいな部分は再確認していただいたりで、 ここまでしていただけば結果はどうであれ相手をびっくりさせる事は出来る・・・と思い満足していました。

結果は大成功で先生に心から感謝いたします。  

又、何かあった時に先生を頼る事があるかもしれませんが宜しくお願い致します。そのような事が無い事を祈りたいですが・・・

ずいぶんお若くてびっくりしましたが弱き者の為に今後ますますの御活躍を期待いたします。

本当に有難うございました。
みは様 20代 女性
この度はありがとうございました。 柴田先生は仕事が早い!!
相手方の専門家がどうしょうもなく仕事が遅くてイライラしましたが、先生は仕事早いなぁと感じました☆
長期戦でしたが無事に終わりホッとしています。

ありがとうございました(^^)
大阪府・UH様 40代 男性
大変お世話になり、ありがとうございました。
和解契約書を公正証書にすることで相手に釘を刺す事ができたであろうと思いますし、くぎりがついたと思います。
柴田先生には何度か公証役場にも足を運んで頂いたり、こちらの納得のいくまで文書の修正をして頂いたり、本当に感謝しております。

本当にありがとうございました。
佐古田様 30代 女性
この度は本当にお世話になりました。お仕事も早く納得いく結果に満足しております。

質問にもすぐ答えて貰えて安心もしました。

クールな印象でしたが息子の頭を撫でてくれたり優しい先生でした。

これからもお忙しいでしょうが体に気を付けて頑張って下さい。
大分県・こっち様 30代 女性
遠くからの依頼ということと、HPからを利用しての依頼ということではじめは不安もありましたが、何度か先生とメールを交わすうちにそのような心配は無くなりました(^^)

出来上がった書類もとても満足のいくもので依頼をして本当によかったと思っています!

力になって頂きありがとうございました。
*利用者の声は、ご購入者様の声の内掲載許可を頂いたものを掲載しています。
*日本語・文法の間違いなどについては一部修正の上掲載することもございます。





*毎月後半はご依頼数の制限(月間30名)によって、ご依頼をお受けできない場合もございますのでご注意ください。

養育費請求、給料差押さえをする方法
離婚協議書 or 公正証書原案作成 35,000円

A公正証書離婚協議書 手続支援 @の報酬に+15,000円
*ご依頼者様に公証役場へ出向いて頂きます。

B公正証書離婚協議書 手続代理 @の報酬に+30,000円
*ご依頼者様は公証役場へ出向く必要はありません。

年金分割・不動産の記載がある場合は上記に各々+10,000円


*上記報酬は全て、税込、送料別となっております。
*公正証書作成時は、上記報酬の他、別途公証人手数料が掛かります。数千円〜数万円程度公証人手数料目安はこちらへ


報酬例
@養育費の強制執行可能な公正証書を、ご依頼者様が公証役場に出向き作成をする場合(年金分割・不動産無し)
公正証書原案作成35,000円 + 公正証書作成手続き支援15,000円 = 50,000円

A 養育費の強制執行可能な公正証書を、代理人手続きで作成をする場合(年金分割・不動産無し)
公正証書原案作成35,000円 + 公正証書作成手続き代理30,000円 = 65,000円

B 年金分割・養育費の記載をした公正証書を、ご依頼者様が公証役場に出向き作成をする場合(不動産無し)
公正証書原案作成35,000円 + 公正証書作成手続き支援15,000円 + 年金分割記載加算10,000円 = 60,000円

*送料実費・公証役場手数料は別途必要となります。公証人手数料目安はこちらへ



ご依頼に関して不安な点、疑問点がある方は下記から御問合せください
メールはこちらから



*上記にて申込後に、報酬振込先口座をご案内いたします。弊事務所にて料金振込を確認いたしましたら正式な御依頼手続を完了とさせて頂きます。






Qインターネットや本に載っている離婚協議書のひな形もありますが、依頼をした場合はそのようなひな形とは違う内容になるのですか?

A書籍、インターネットなどで紹介されている離婚協議書のひな形は、本当に基本的な取決めしか記載されていないため、離婚時の取決めとしては不十分です。ご依頼頂いて作成する離婚協議書は、離婚後の状況を想定して更に詳細な内容となります。

拙著「妻も夫も知っておきたい熟年離婚と年金分割(総合法令出版)においても離婚協議書の雛型を紹介していますが、これもあくまでも基本的な事項のみの記載となっています。

非常に残念なことですが、専門家である弁護士・行政書士であってもひな形をそのまま使うだけの場合も多いようです。

ただし、ひな形の離婚協議書でも口約束よりは、良いと言えるので専門家に依頼をしない場合は、ひな形を利用してでも書面での約束をしておくことをおすすめします。


Q離婚協議書と公正証書は違うのですか?

A離婚協議書というのはあくまでも、養育費や財産分与などの離婚時の取決めをまとめた単なる契約書であって養育費などの不払いがあった場合も即給料差押えの手続きをすることはできないものです。

公正証書というのは、この“離婚協議書(公正証書の原案)を元にして”強制力のある形にした公的な書類のことを指します。


Q既に離婚をしているのですが依頼できますか?

Aはい、もちろん可能です。離婚をした後からでも養育費等の取り決めを書面にすることは当然可能です。


Q旦那(元旦那)が養育費などの支払いに納得していないのですが、依頼できますか?

Aご依頼頂くこと自体は可能です。
ただし、ご依頼者様において旦那様(元旦那)が納得するように話し合う必要があります。弊事務所で作成した離婚協議書を元にして話し合いをして頂くことも可能ですし、話合いの内容に応じて離婚協議書の内容も適宜修正をすることが可能です。

つまり、旦那様(元旦那)との話し合いのたたき台として利用して頂くという形のご依頼も可能ということです。

話し合いが難しそうな場合は養育費請求書の作成ご依頼をご検討ください。


Q「公正証書作成手続きの支援」と「手続代理」の依頼内容はなにが違うのですか?

A「公正証書作成手続きの支援」はご依頼者様のお近くの公証役場において弊事務所が手配をして、ご依頼者様と相手方(配偶者 or 元配偶者)にその公証役場に直接出向いて頂くことで手続きを完了する形でご依頼を進めるものです。

「公正証書作成の作成手続代理」は、弊事務所がご依頼者様の代理人となり、ご依頼者様は公証役場へ出向くことなく公正証書を作成することが可能となります。


Q公正証書の作成手続を代理で行ってもらうことにデメリットはないのですか?

A「公正証書作成の作成手続代理」のメリットととしては、ご依頼者様が足を運ぶ作業を省けるので平日に休みをとって公証役場に出向く必要が無い点です。

デメリットとしては、将来万が一、強制執行をする必要がでてきたときに「執行文の付与」「送達証明書の取得」など公正証書を作成した公証役場での手続きが必要となるものがあります。その際、弊事務所に上記の手続きを再度ご依頼(平成20年8月現在は報酬10,000円)頂く必要がある点はデメリットといえます。


Q内容の修正は可能ですか?

Aご依頼者様が記載内容にご納得頂けるまで何回でも修正対応いたします。ただし、公正証書にしない離婚協議書の場合については、完成書類送付後の修正は1回まで無料(送料はご負担頂きます)となりますが、2回目からは5,250円(税込・送料別)がかかります。

また、公正証書の作成が完了した後の修正は、その公正証書を修正することについて当事者の合意があることを前提として、新規のご依頼として承ることになります。

Qどのくらい時間がかかりますか?

Aお申込み後に「離婚協議書の作成報酬」のお振込み先をご案内させて頂きます。その後弊事務所にてご入金を確認次第、書類作成作業に着手いたします。

その後、

・事実関係の聞き取りに1〜3日程度(状況によっては更に時間がかかる場合もございます)
・書面作成に1日〜3日程度
・公証役場との打ち合わせに2日〜5日程度(状況によっては更に時間がかかる場合もございます)

以上の時間がかかります。ただし、個別の事情に応じて時間は変動いたしますのであくまでも目安の時間としてお考えください。

Q必要となるものはありますか?


A公正証書にしない離婚協議書の作成ご依頼の場合は、ご依頼のための契約書に添付して頂く運転免許証等身分証明書のコピー(又は印鑑証明書)をご用意いただきます。

強制力のある公正証書の作成ご依頼を頂く場合は「印鑑証明書(ご依頼者様が直接公証役場に出向く場合は運転免許証等身分証明書のコピーでも可)」「戸籍謄本」が必要となります。

その他年金分割、不動産の記載がある場合などは必要書類についてはお申し込み後メールにてご案内いたします。


Q遠方からの依頼なので不安なのですが…

A確かに顔を合わせない形でのご依頼ということになると不安を感じて当然だと思います。弊事務所ではできる限りそのような不安を低減させるように返金保証を付けるなどをしていますが、それでも十分ではないと思われる場合は直接出向くことが可能な事務所へのご依頼をご検討頂いたほうがご依頼者様にとっても良いと思います。弊事務所といたしましても、ご依頼者様不安を抱えたままご依頼頂くことは本意ではありません。

なお、ご依頼に対応する者の人柄等を知りたい場合は、ご依頼に対応する行政書士の日常を紹介するブログを見ることである程度どのような人間かは知って頂けるかと思いますので、ご依頼ご検討の際は参考になさってください。



以上、代表的な質問事項にお答えしてまいりましたが、上記をご覧になっても解決しない疑問点がある場合はお気軽にお問合わせください。


ご依頼に関して不安な点、疑問点がある方は下記から御問合せください
メールはこちらから



*上記にて申込後に、報酬振込先口座をご案内いたします。弊事務所にて料金振込を確認いたしましたら正式な御依頼手続を完了とさせて頂きます。







INDEX
あなたの作成した離婚協議書
に不備がないかチェックします

 
1回 10,500円
一週間無料メール離婚相談付き

↓養育費等のメール相談3ヶ月無料
一ヶ月間の申込数30名限定

離婚協議書作成依頼はこちらへ

養育費無料算定
携帯専用無料メルマガ
Email:
注)PCのメールアドレスでは登録できません。
お役立ち書籍 紹介
電話相談申込はこちらへ
慰謝料や養育費
の請求は内容証明!
慰謝料請求をしたいあなたはこちらへ
養育費請求をしたいあなたはこちらへ
慰謝料や養育費を請求に利用する
内容証明ってなに?

取り決めはどうする?

養育費は?
慰謝料は?
財産分与は?
面接交渉権は?
離婚の知識
こんなときどうする?
インターネットで依頼をすることが不安な方はこちらへ
特定商取引法の表記
運営:行政書士柴田法務事務所
個人情報保護に対する取り組み
取材・原稿執筆依頼等はこちらへ
相互L I N K集
離婚本の決定版 好評発売中!
ご注文受付⇒妻も夫も知っておきたい熟年離婚と年金分割

離婚の悩みを抱えている方がこの本を読むと・・・

・慰謝料の金額をいくらにすれば良いのか分かる!

・財産分与での財産の分け方が分かる!

・来年から始まる年金分割制度が理解できる!

・この本を読んでいない相手方と差がつく!!

・若い人にとっても実戦的な知識が役に立つ!

・離婚協議書の作成方法が分かる!!


・養育費や別居中に請求できる生活費がひと目で分かる資料が参考になる!

若い年代の方であってもこの本の実戦的な法律知識は必ず役に立ちます!!

「妻も夫も知っておきたい熟年離婚と年金分割」の注文はこちらをクリック!!


離婚のときに問題になる慰謝料・財産分与・養育費そして2007年4月から始まる年金分割制度について一般の方に分かりやすく解説されています。調停を利用して離婚をする場合も必ず役にたつ知識が詰め込まれています。


離婚の本と言えば従来は「離婚の辞書」のような法律用語の解説に終止するものが大半でした。しかし、本書は離婚の慰謝料や養育費・ 財産分与・年金分割などの問題について単なる用語解説に留まらずに「離婚の虎の巻」のような実戦的な本に仕上がっています。



離婚協議書を専門家がチェック 10,500円

(一週間メール相談付き)

離婚協議書作成依頼はこちらへ 35,000円〜
(一ヶ月間30名限定・3ヶ月間無料メール離婚相談付き)

離婚の条件を通知したい、養育費・慰謝料請求したい方はこちらへ
(一ヶ月間20名限定・1ヶ月間無料メール離婚相談付き)

インターネットでのご依頼に不安を感じる方はこちらをご覧下さい。


離婚協議書とは?


離婚協議書とは、協議離婚をする際に養育費や慰謝料などを取り決めた書面の事をいいます。

離婚届けは、親権者を決めれば届出をすることが出来てしまいますので、離婚届けとは別に離婚協議書により養育費や慰謝料の取決めを証拠として残す必要があります。



離婚協議書作成センターでは、一般の方が自分で作成できるように離婚協議書のチェックから、離婚協議書作成の専門家・行政書士による離婚協議書作成までサポートします。


離婚協議書に必ず記載しておきたいこととして養育費があります。離婚協議書作成室では養育費の無料算定も行っていますので適切な養育費の額を知ることができます。
 

養育費の無料算定はこちらへ




離婚協議書作成のに関すること協議離婚に関するご相談を承ります。離婚協議書作成センターで相談に応じるのは離婚専門行政書士です。


養育費、慰謝料等離婚相談の継続的利用も可能です。離婚協議の話合前に相談をご利用頂いたり、週一回、月一回といった形で離婚相談をご利用ください。


二人の協議がまとまったら養育費、慰謝料等の取決めを離婚協議書にしましょう。



電話相談申込はこちらへ  30分 2,550円




離婚協議書は養育費や慰謝料などの取決めをしたという証拠にすぎない為、不払いがあったからといっても、すぐに強制執行をすることはできません。


しかし、離婚協議書を公正証書にしる場合には不払いがあったときに直ちに強制執行をすることができます。



公正証書手続き代理の申込はこちらへ






離婚協議書作成などの離婚業務の中でも行政書士は裁判・調停代理、示談交渉代理、裁判所提出書類作成及び慰謝料額算定(離婚協議書作成センターの相談では慰謝料額の基準を紹介することはありますが、最終的に額を決定するのはご依頼者様となります)を行えません。必要な方は弁護士事務所にご相談ください。行政書士の職域による制限です。


養育費、慰謝料等取決めの仕方、離婚協議書作成や協議離婚のご相談を離婚協議書作成センターは承ります。


インターネットで依頼をするのが不安な方はこちらをご覧ください


鳥取県米子市の方は来所してのご相談も可能です。離婚・不倫問題専門の行政書士が対応いたします。
⇒ 鳥取県米子市の行政書士柴田法務事務所-離婚・不倫問題専門-





Copyright(c)2005離婚協議書作成センターAll Rights Reserved.

等ホームページの文章の引用・転載は厳禁です。




協議離婚の相談、離婚協議書・養育費・慰謝料請求書に関するご相談、書類作成は日本全国対応しております。下記が対応可能地域(抜粋)です。


北海道(札幌市) 青森県(つがる市) 岩手県(宮古市) 宮城県(仙台市) 秋田県(大仙市) 山形県(鶴岡市) 福島県(いわき市) 東京都(千代田区、世田谷区、目黒区、中央区、港区、大田区、品川区、渋谷区、中野区、杉並区、練馬区、新宿区、江東区、墨田区、江戸川区、葛飾区、北区、台東区、文京区、荒川区、足立区、豊島区、板橋区)(立川市、武蔵野市、八王子市、町田市、三鷹市、西東京市、国立市、狛江市、国分寺市、調布市、府中市、武蔵村山市、福生市、稲城市、多摩市) 神奈川県(川崎市、横浜市) 埼玉県(さいたま市) 千葉県(成田市) 茨城県(北茨城市) 栃木県(足利市) 群馬県(前橋市) 山梨県(北杜市) 新潟県(新潟市) 長野県(長野市) 富山県(富山市) 石川県(うるま市) 福井県(福井市) 愛知県(豊田市) 岐阜県(岐阜市) 静岡県(静岡市) 三重県(三重市) 大阪府(大阪市、堺市) 兵庫県(姫路市) 京都府(京都) 滋賀県(大津市) 奈良県(橿原市) 和歌山県(田辺市) 鳥取県(米子市、倉吉市、境港市) 島根県(松江市、出雲市、大田市) 岡山県(倉敷市、新見市) 広島県(廿日市市) 山口県(山口市、岩国市) 徳島県(鳴門市) 香川県(東かがわ市) 愛媛県(松山市) 高知県(中村市) 福岡県(宗像市) 佐賀県(伊万里市) 長崎県(諫早市) 熊本県(玉名市) 大分県(臼杵市) 宮崎県(延岡市) 鹿児島県(霧島市) 沖縄県(那覇市)

以上、当センターは日本全国対応いたします。






離婚以外の問題でお悩みをお持ちの方も多いことでしょう。たとえば、仕事のこと。仕事で多い悩みといえば残業ではないでしょうか?残業についての法的知識をきちんと身につけいれば役にたつこと間違いなしです。残業手当て・サービス残業解決webではそんな残業について専門的に解説しています。
また、仕事をしていると避けられないのが「退職」です。退職をするときには退職金などの問題、そして定年退職などいろいろ要素があります。これらについても退職金・定年退職webにおいて分かりやすく解説しています。


その他にもお金の貸し借りのときに有効な公正証書をご存知ですか?公正証書を作成していれば裁判をしないで強制執行も可能になるのです。そんな公正証書について公正証書作成相談室では遠方からのご依頼にもお受けすることも可能となっています。


皆さんに身近なこととしては領収書、レシート、収入印紙などの問題があります。領収書の書き方・領収書の収入印紙解決webではそんな皆さんに身近な領収書などについて解説しており、収入印紙と印紙税法解説webでは収入印紙と印紙税法について重点的に解説しています。


法律関係の問題で特に多い相談が「借金関係」です。その中でも信用情報いわゆるブラックリストについてはサラ金のブラックリスト情報とは?で詳細に説明をしていますし、借金の返済方法については借金を返済で詳細に解説しています。


また、借金につきものの連帯保証人についても連帯保証人.comで保証人の法的に知識などを説明しています。

借金問題の最終手段としては自己破産があります。自己破産の手続きについては自己破産手続きwebがおすすめです。


一生に一度の買い物となるであろう不動産の売買については不動産売買解説web-不動産登記・不動産の担保ローン-にて基礎的な知識を民見つけてから行うと良いでしょう。


会社の憲法とも言われる定款については定款web-定款変更から電子定款を利用した会社定款までにおいて基礎的な定款から電子定款まで解説しています。


法律問題以外の健康上方としては多くの人が悩みを抱える肩こりを特集した肩こり治療web。脱腸(鼠径ヘルニア)についての口コミ情報を集めた脱腸・鼠径ヘルニア症状治療webなどがおすすめです。